ご協賛金募集のご案内

キャンドルナイトとは

キャンドルナイトとは、環境や省エネ、現代社会のライフスタイルについて考え直すとともに、時間のあり方、過ごし方などについても見つめ直すきっかけとして、2003年夏至から環境NGOが中心となってはじめた取り組みです。
夏至と冬至、という一年で最も日が長い/短いという日に、地球の時間の流れに合わせて人間も過ごしてみよう…、「でんきを消して、スローな夜を」をスローガンに、キャンドルを灯していつもと違った時間の過ごし方をしてみよう…という趣旨に賛同すれば誰でも参加することができます。
そして私たちは、普段の光が溢れる生活から離れることで、家族や友人、そして地球のこと… さまざまな思いや出会いが生まれてくることを願い、2005年の夏至より表参道で『candle night @ OMOTESANDO-Eco Avenue』を開催しています。今年で第10回目を迎えます。

みなさまの力で。ご協賛のお願い

運営資金はみなさまからの大切な協賛金によりまかなわれています。
すべてはイベントを成功させるため、デザインチームへの制作補助金をはじめ、ウェブ制作・フライヤーや映像制作などの各種PR媒体の制作に充てております。今年も表参道で行われるキャンドルナイトをより一層盛り上げ、当日訪れる多くの来街者にキャンドルの温かみ、人の温かみ、出会いの喜びを感じていただくために、毎年夏至の表参道一帯における一大イベント「candle night @ OMOTESANDO-Eco Avenue 2012」にお力を貸していただけませんでしょうか。

ご協賛頂いた暁には

運営資金として、以下のようにご協賛金をお願いしております。
個人:1口5000円より。
企業:1口20000円より。
ご協賛を頂ける場合には、『candle night @ OMOTESANDO-Eco Avenue』のウェブサイト上に、個人の方は個人名を。企業の方はロゴマーク付きでウェブサイトへのリンクを掲載させて頂きます。
※個人の方で掲載に差支えがある方はご相談ください。

イベント概要

イベント名
candle night @ OMOTESANDO Eco-Avenue
日程
2012年6月22日(金)
(竹宵まつりのみ6月23日(土)に開催)
場所
表参道界隈
主催
キャンドルナイト@OMOTESANDO実行委員会
後援
振)原宿表参道欅会
監修
  • 面出薫(照明デザイナー・武蔵野美術大学教授)
  • 竹村真一(文化人類学者・京都造形芸術大学教授)
  • 佐藤卓(グラフィックデザイナー)

2011年度のイベント報告

表参道と周辺の店舗等で実施される、「キャンドルインスタレーション」「キャンドルカフェネットワーク」「子供たちのキャンドルパレード」「オリジナル行灯」の4種類のインスタレーションと、街灯での「募金活動」「手作りキャンドルのチャリティー販売」を行いました。
19時から22時の3時間を来場者の皆さんにはキャンドルの灯りで楽しんでいただきました。

・キャンドルインスタレーション

表参道の拠点9箇所でキャンドルを用いたインスタレーションを行ったり、お店で独自にキャンドルを灯していただきました。
インスタレーション場所:表参道街角庭園、表参道ヒルズ (貫通通路・水景)、日本看護協会前広場、日本看護協会大階段、キャットストリート入り口、オリエンタルバザー前、八千代銀行前広場、本部テント(順不同)

・キャンドルカフェネットワーク

表参道沿いまたは周辺のカフェやレストラン8箇所でキャンドルを用いたインスタレーションを行ったり、お店で独自にキャンドルを灯して営業していただきました。
インスタレーション場所:京橋千疋屋表参道原宿店, ECO FARM CAFE 632 , BAKERY CAFE 426 OMOTESANDO , montoak , 表参道バンブー, IL PINOLO CAFFE , BROWN RICE CAFÉ & DELI , 洋食ミヤシタ(順不同)

・子供たちのキャンドルパレード

事前ワークショップで作成した色とりどりの行灯を手に、神宮前小学校の生徒・父兄が表参道を歩くパフォーマンスを行いました。
ルート:渋谷区立神宮前小学校玄関ホールよりスタート、表参道ヒルズ貫通通路を裏から通リ抜けて表参道駅方面へ。歩道橋を渡り原宿方面へ、再び歩道橋を渡り終着地の表参道街角庭園へ。最後に集合記念撮影を行いました。また、パレードの間にシュウウエムラさんから子供たち全員分のドラジェ(お菓子)を受け取りました。

・オリジナル行灯

参加者が事前に趣向を凝らして作成した、ひとつひとつ異なるデザインの個性豊かな行灯が表参道に集まりました。約45種類の行灯を総勢約150名の参加者が持ち、キャンドルナイト@OMOTESANDO全体を一つに繋げる役割を果たしました。

・募金活動、手作りキャンドルのチャリティー販売

日本看護協会前広場、YMスクウェア原宿、各協力店舗において、参加スタッフによる合計560個の手作りキャンドルをチャリティー販売して募金活動を行いました。他にも行灯型募金箱を持ったスタッフが街頭で募金活動を行い、イベント当日の19時から22時の3時間で合計226,262円の募金が集まりました。集まった募金は復興義援金として日本赤十字社を通じて全額寄付しました。

・参加学校・団体

  • 多摩美術大学
  • 武蔵野美術大学
  • 東京造形大学
  • 女子美術大学
  • 芝浦工業大学
  • 桑沢デザイン研究所
  • 東京デザイン専門学校
  • (順不同)
  • 照明探偵団
  • 鯛車復活プロジェクト
  • マルマンプロダクツ
  • green bird
  • 日本赤十字社
  • 神宮前小学校
  • (順不同)